大学・教育機関の広報・マーケティングなら (株)ネクスト・アカデミー
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
NEWZINE Educationは大学・学校・教育関係向け無料PR・プレスリリース情報を掲載できる投稿型ニュースリリースサイトです。
 
プレスリリースサイト「NEWZINE Education」 > プレスリリース一覧 > 株式会社アルテル
大学・学校・教育関係向けプレスリリース無料配信サイト「NEWZINE Education」
(vierreleaseflow_content.tpl)
株式会社アルテルのプレスリリース

学校ICTで情報化でも、毎日教室は遠い 〜年間100時間の校務を改善した!『キッズ救急』 


はてなブックマークに追加 livedoorクリップに追加 Buzzurlに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに追加 ニフティクリップに追加
http://education.newzine.net/newsrelease/166/



株式会社アルテルのプレスリリース

2015年04月22日 16:00
[カテゴリ] その他告知 [業種] 小学校
[関連URL] 学校ICTで情報化でも、毎日教室は遠い 〜年間100時間の校務を改善した!『キッズ救急』 



学校ICTで情報化、しかし毎日教室は遠い 年間100時間の校務を改善した〜『キッズ救急』 既存の校内LANを活用し校務の移動時間を減らします。




株式会社アルテル|学校ICTで情報化でも、毎日教室は遠い 〜年間100時間の校務を改善した!『キッズ救急』 

学校ICTで情報化、しかし毎日教室は遠い
〜年間100時間の校務を改善した!〜『キッズ救急』 

ICT(情報教育)は。学校現場でどれくらい効率UPに役立っているでしょうか?

今回は、学校現場で効果が大きく、もっとも喜ばれる年間100時間の校務を改善する方法をお教えします。 

これは机上の話ではありません、学校での実例です。
また学校全体の話でなく、先生一人の校務時間です。

 <実例:H小学校>

 それまで、担任K先生は職員室から教室まで早足で2分少しかかっていました。授業以外にも、緊急の連絡や具合が悪い生徒へ保健室へ立ち寄ったりなど、

一日に平均10往復を移動時間に使っていました。
したがって、K先生は、

2分x2(往復)x10回 x校務日数205日 =年136.67時間(約6日相当) 

 年間137時間(年5.7日分)を校務の移動時間として割かれていたのです。これは、決して多い訳ではないようです。
 
 “最大限に移動時間を減らし、校務の効率UPするためには・・・?
  〜授業のICTで使っている校内LANって活用できない・・・?”

  そこで、既設の学校LANネットワークで教室の情報コンセントを活用して連絡する『キッズ救急ホン』を導入し、相互に連絡を行えるようにしました。導入にかかった金額は教室の機器と設置費用のみです。
 
(導入後)10往復が⇒3往復で済むようになりました          
その結果、毎日12分しか移動せずに済むようになり、年間70%の約100時間(4日分)が改善されたのです。
移動が減った時間は別の校務へ割り当てできK先生は大喜びです。

 それだけではありません。教室同士で先生と生徒が迅速に連絡が行えるようになり連絡ミスがほとんど無くなりました。 

 もう一度、既設の校内LANを見直して、教育現場の連絡で活用してみませんか?  
 
 ぜひ、こちらまでご連絡ください。
 
 <本記事へのお問い合わせ>
   電話:070-6655-2570
   email:info@altel.co.jp
   担当:宮鍋

 ※機器は取り外しでき、教室変更など移転先の情報  コンセントへ繋げば、設定を変えずにそのままお  使いになれます。

 ※手元の在庫が少なっています、おとり寄せとなる  場合があります。価格の状況が変化しますので、  お早めにお問い合わせください。 

 以上

【お問合せ先】
〒142-0051
東京都品川区平塚1-11-2
株式会社アルテル
担当:宮鍋健樹
Email:


 
Copyright(C) 2008 Level Q inc. All Rights Reserved.