大学・教育機関の広報・マーケティングなら (株)ネクスト・アカデミー
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
NEWZINE Educationは大学・学校・教育関係向け無料PR・プレスリリース情報を掲載できる投稿型ニュースリリースサイトです。
教育系プレスリリースサイト[NEWZINE Education] > 教育実践共有サービス「EDUPEDIA」ロゴをリニューアル 〜プロボノとしてアートディレクター・コピーライターが無償で制作協力〜
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
スポンサード リンク
EDUPEDIAのプレスリリース

教育実践共有サービス「EDUPEDIA」ロゴをリニューアル 〜プロボノとしてアートディレクター・コピーライターが無償で制作協力〜



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://education.newzine.net/newsrelease/92/



EDUPEDIAのプレスリリース

2014年11月05日 11:00
[カテゴリ] その他告知 [業種] インターネットメディア
[関連タグ] 教育 / web / 先生
[関連URL] 教育実践共有サービス「EDUPEDIA」ロゴをリニューアル 〜プロボノとしてアートディレクター・コピーライターが無償で制作協力〜



教員のための教育実践共有サービス「EDUPEDIA(エデュペディア)」は、サービス開始5周年を機にロゴを一新します。新しいロゴは、大手広告会社に勤務するコピーライターの阿部広太郎氏、アートディレクターの中尾祐輝氏が無償で制作を行いました。






教員のための教育実践共有サービス「EDUPEDIA(エデュペディア)」(NPO法人教育再興連盟による運営、以下EDUPEDIA https://edupedia.jp/)は、サービス開始5周年を機にロゴを一新します。新しいロゴは、大手広告会社に勤務するコピーライターの阿部広太郎氏、アートディレクターの中尾祐輝氏が無償で制作を行いました。2014年11月5日より変更します。


1.背景
 EDUPEDIAは、2009年に全国の優良な教育実践を共有するサービスとして開始され、現在月間約10万人強のユーザーを抱えるサービスへと成長してきました。5周年を機に「頑張る先生を応援する」というEDUPEDIAのミッションを再確認し、ロゴ・キャッチコピーを一新しました。


2.新しいロゴについて
新しいロゴは、旧ロゴのカラフルさを残し「教育の正解は一つではなく、学級の状況、子どもにあわせて、たくさんの正解や価値が存在しうる」という、多様な価値を尊重するEDUPEDIAの理念を表現しています。キャッチコピーも、従来の「みんなでつくる教育WEB事典」というサービスをつくりあげるプロセスを表現するものから、生み出す価値とその対象にフォーカスをあて「先生のための教育事典」と変更しました。
 新ロゴをつかったポスターもあわせて作成し、学校現場に配布を行う予定です。


3.制作者のコメント
制作した2人(阿部氏、中尾氏)から、制作にあたってのコメントを頂きました。

「黒板の前に立ち、毎日平然と授業をし、質問したらなんでも答えてくれる先生。僕たちの中で先生は大人の中の大人で、それはもう絶対的な存在でし た…EDUPEDIAの事を知るまでは。本当は、授業の予習が間に合わなくて黒板の前で焦ったり、変な質問が飛んでこないか緊張があったりしたのかもしれ ない。子どもの未来を育てるという責任を背負って、毎日不安とたたかっているんだ。僕たちがそう気づいたように、ロゴやポスターを見てくれた人が少しでも、 世の先生に思いを馳せるきっかけになれたら。そう考えてつくりました。」


4.制作者プロフィール

阿部 広太郎
1986年生まれ。コピーライター。東京コピーライターズクラブ所属。主な仕事に、東進「いつやるか?今でしょ!」(「生徒への檄文」篇)、バンド「クリープハイプ」プロジェクト、ルーミートを日本に広めるプロジェクト、など。宣伝会議賞 企業協賛賞、TCC新人賞、朝日広告賞、ツイッター小説大賞 審査員特別賞など受賞多数。

中尾 祐輝
1986年生まれ。金沢美術工芸大学卒業、電通入社。アートディレクター。グラフィックデザインを中心に企業ブランディングやパッケージデザイン等も担 当。主な仕事にサントリートリスハイボール、スポーツ振興くじtoto/BIG、HELLO KITTY MEN Project、PlayStation Store、バンド「クリープハイプ」など


EDUPDEIAは5周年を機に、今回のように各分野のプロフェッショナルと協同し、先生を応援する教育実践情報サービスとして今後も新機能も含め、様々な施策を行なっています。


※報道用資料:画像、アイコンは以下より自由にダウンロードしてください。
http://bitly.com/1DbMaeK

【お問合せ先】
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3丁目22タイメイビル三階
EDUPEDIA
担当:阿部由和
Email:
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

EDUPEDIAのその他のプレスリリース

EDUPEDIAのプレスリリース|WEB教育事典「EDUPEDIA」が、教師をめざす人のための情報サイト「EDUPEDIA for STUDENT」を開始

WEB教育事典「EDUPEDIA」が、教師をめざす人のための情報サイト「EDUPEDIA for STUDENT」を開始

EDUPEDIA
2016年04月14日
新サービス発表 | 教育・研究機関
教育実践を共有するWEB サービス「EDUPEDIA」が、2016 年 4 月14日に、教師をめざす人に向けて、採用試験対策や授業づくり、教師のやりがいや仕事内容などの情報を提供するサイト「EDUPEDIA for STUDENT」をリリースしました。
詳しく見る
EDUPEDIAのプレスリリース|小学館「教育技術」・EDUPEDIA タイアップ企画公開-陰山英男×小林りん×直山木綿子「グローバル化時代の日本の教育」鼎談-

小学館「教育技術」・EDUPEDIA タイアップ企画公開-陰山英男×小林りん×直山木綿子「グローバル化時代の日本の教育」鼎談-

EDUPEDIA
2014年12月15日
キャンペーン | 教育サービス
教員のための教育実践共有サイト「EDUPEDIA」は、小学館「教育技術」・EDUPEDIAタイアップ企画「グローバル化時代の日本の教育」鼎談を12月15日に公開します。鼎談内容は、EDUPEDIAサイト上の特設ページ、「小三教育技術1月号」に掲載されます。
詳しく見る
EDUPEDIAのプレスリリース|「EDUPEDIA、環境省・GEOCと共同で全国47都道府県のESD実践を公開」  ー小学校向けの教科横断型カリキュラムを充実ー

「EDUPEDIA、環境省・GEOCと共同で全国47都道府県のESD実践を公開」  ー小学校向けの教科横断型カリキュラムを充実ー

EDUPEDIA
2014年11月07日
キャンペーン | インターネットメディア
教員のための教育実践共有サイト「EDUPEDIA(エデュペディア)」は、環境省が推進している「ESD環境教育プログラム」及びその全国の実践事例の特集「地域で学ぶ、世界の課題」を環境省及び地球環境パートナーシッププラザの協力の下、11月7日に公開致しました。
詳しく見る



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
"