大学・教育機関の広報・マーケティングなら (株)ネクスト・アカデミー
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
NEWZINE Educationは大学・学校・教育関係向け無料PR・プレスリリース情報を掲載できる投稿型ニュースリリースサイトです。
教育系プレスリリースサイト[NEWZINE Education] > WEB教育事典「EDUPEDIA」が、教師をめざす人のための情報サイト「EDUPEDIA for STUDENT」を開始
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
スポンサード リンク
EDUPEDIAのプレスリリース

WEB教育事典「EDUPEDIA」が、教師をめざす人のための情報サイト「EDUPEDIA for STUDENT」を開始



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://education.newzine.net/newsrelease/420/



EDUPEDIAのプレスリリース

2016年04月14日 13:00
[カテゴリ] 新サービス発表 [業種] 教育・研究機関
[関連タグ] 教育 / 教員採用試験 / 教師 / 学校 / 先生
[関連URL] WEB教育事典「EDUPEDIA」が、教師をめざす人のための情報サイト「EDUPEDIA for STUDENT」を開始



教育実践を共有するWEB サービス「EDUPEDIA」が、2016 年 4 月14日に、教師をめざす人に向けて、採用試験対策や授業づくり、教師のやりがいや仕事内容などの情報を提供するサイト「EDUPEDIA for STUDENT」をリリースしました。




EDUPEDIA|WEB教育事典「EDUPEDIA」が、教師をめざす人のための情報サイト「EDUPEDIA for STUDENT」を開始



2016年4月14日


「先生のための教育事典 EDUPEDIA」による、
先生をめざす人に向けた新メディアがスタート!
EDUPEDIAと株式会社カイカで共同運営
「EDUPEDIA for STUDENT」

学校教員向けの教育実践や教材を共有するWEB サービスを提供する「EDUPEDIA(エデュペディア)」(2009 年にサービス開始) と株式会社カイカ(東京都杉並区、代表取締役 高嶌悠人)ては、2016 年 4 月14日に、学生や社会人で教師をめざす人向けの情報サイト「EDUPEDIA for STUDENT(エデュペディアフォースチューデント)」を共同でリリースしました。

リリース:2016年4月14日
URL:http://edupedia-for-student.jp


「EDUPEDIA for STUDENT」は、教員採用試験対策となるコンテンツはもちろん、教師の仕事のやりがいや具体的な仕事内容などについての情報を提供するサイトです。このサイトの目的は、採用試験突破に役立つということだけではなく、教師の仕事を正しく理解し、教壇に立つにあたって必要な知識や態度を身につけ、教育観を深めること。そして、教師になる「前」だからこそできる学習や経験をしてもらうことです。

【2者の強み】
EDUPEDIAは、すでに2009 年にサービスを開始し、以来コンテンツ数を増やし続け、現在では月間ユーザ―15万人の実績があり、教師現場や教育関係者の中で一定の認知度があります。他方、株式会社カイカは、教育系の情報誌の制作実績が豊富で、数多くの教育現場への取材を通じて教育についての知見を多く有しています。制作にあたっては、EDUPEDIAとカイカの共同編集体制とすることで両者の強みを生かし、教師をめざす方にとって有意義なコンテンツを提供することで、学校教育の発展に貢献していきたいと考えています。なお、EDUPEDIAからは大和信治、株式会社カイカからは岡村洋平が編集長のポジションに着き、編集・運営を行っていきます。

【背景】
リリースの背景には、3つの思いがあります。1つ目は教師をめざす人にも、他の就職活動をする学生や、転職をする社会人と同じように、いわゆる「仕事研究」を積極的にしてほしいという思いです。教師をめざす人もそうでない人も、誰しも自分自身が学校に通った経験があるため、「教師の仕事はこういうものだろう」というイメージを持っていることは少なくありません。しかし実際には、教師の仕事には外からは見えていない仕事も多く、「こういう仕事があることを、教師になって初めて知った」という声がよく聞かれます。教師をめざしている人には、こうしたギャップをなるべく小さくし、自分に足りない部分を把握し、自分が納得のいくキャリア選択として教師をめざし、必要な学びをしたうえで学校現場に赴任してほしいと思います。

2つ目は、教師の仕事について、多くの人に偏りなく理解をしていただいて、より多くの人が教師をめざすようになってほしいという思いです。背景には、現在、社会の変化に対応するために、教師に求められる役割自体が変化し、これまで以上に多様な人材が求められていることがあります。ところが、教師の仕事は一部がクローズアップされることが多く、「素晴らしい実践」や、逆に「極めて厳しいケース」「過酷な日常」にばかり注目されがちです。これらはどちらにせよ、教師になることのハードルを必要以上に高く感じさせてしまいます。そうではなく、教師の普段の仕事について正しく知っていただき、より多くの方が教師という職業に興味・関心と魅力を感じて教師をめざし、教壇に立ってほしいと思います。

3つ目は、教師をめざそうと思った時に、教員採用試験合格のための情報に手軽にアクセスできるようにしたいという思いです。教員採用試験対策の情報は、例えば教員養成系大学の学生コミュニティなどにいる方と、総合大学の学生や社会人の方とでは、得られる情報量にどうしても差があります。このサイトによって、その差を埋め、教師になりたいと思った人が、その実現に向かって歩んでいけるよう、応援していきたいと思います。

今後、教員採用試験対策や合格者の体験談に加え、外からは見えにくい教師の仕事のやりがいや大変さなどについての情報、授業づくりや学級経営の考え方など、学校現場に出てからも役立つような情報をお届けしていきます。「EDUPEDIA for STUDENT」が、教師という職業について深く考えるきっかけとなり、自身の成長に役立つものになれば幸いです。

以上

【団体概要】
団体名 EDUPEDIA
設 立 2009年4月
住 所 東京都千代田区神田小川町3丁目22 タイメイビル3F

【お問い合わせ】
Mail: edupedia.for.student.20160414@gmail.com
担当: 大和 (やまと)

【お問合せ先】
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3丁目22 タイメイビル3F
EDUPEDIA
担当:大和信治(やまとしんじ)
Email:
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

EDUPEDIAのその他のプレスリリース

EDUPEDIAのプレスリリース|小学館「教育技術」・EDUPEDIA タイアップ企画公開-陰山英男×小林りん×直山木綿子「グローバル化時代の日本の教育」鼎談-

小学館「教育技術」・EDUPEDIA タイアップ企画公開-陰山英男×小林りん×直山木綿子「グローバル化時代の日本の教育」鼎談-

EDUPEDIA
2014年12月15日
キャンペーン | 教育サービス
教員のための教育実践共有サイト「EDUPEDIA」は、小学館「教育技術」・EDUPEDIAタイアップ企画「グローバル化時代の日本の教育」鼎談を12月15日に公開します。鼎談内容は、EDUPEDIAサイト上の特設ページ、「小三教育技術1月号」に掲載されます。
詳しく見る
EDUPEDIAのプレスリリース|「EDUPEDIA、環境省・GEOCと共同で全国47都道府県のESD実践を公開」  ー小学校向けの教科横断型カリキュラムを充実ー

「EDUPEDIA、環境省・GEOCと共同で全国47都道府県のESD実践を公開」  ー小学校向けの教科横断型カリキュラムを充実ー

EDUPEDIA
2014年11月07日
キャンペーン | インターネットメディア
教員のための教育実践共有サイト「EDUPEDIA(エデュペディア)」は、環境省が推進している「ESD環境教育プログラム」及びその全国の実践事例の特集「地域で学ぶ、世界の課題」を環境省及び地球環境パートナーシッププラザの協力の下、11月7日に公開致しました。
詳しく見る
EDUPEDIAのプレスリリース|教育実践共有サービス「EDUPEDIA」ロゴをリニューアル 〜プロボノとしてアートディレクター・コピーライターが無償で制作協力〜

教育実践共有サービス「EDUPEDIA」ロゴをリニューアル 〜プロボノとしてアートディレクター・コピーライターが無償で制作協力〜

EDUPEDIA
2014年11月05日
その他告知 | インターネットメディア
教員のための教育実践共有サービス「EDUPEDIA(エデュペディア)」は、サービス開始5周年を機にロゴを一新します。新しいロゴは、大手広告会社に勤務するコピーライターの阿部広太郎氏、アートディレクターの中尾祐輝氏が無償で制作を行いました。
詳しく見る



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
ランクインされている登録キーワードはありません。
"