大学・教育機関の広報・マーケティングなら (株)ネクスト・アカデミー
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
NEWZINE Educationは大学・学校・教育関係向け無料PR・プレスリリース情報を掲載できる投稿型ニュースリリースサイトです。
教育系プレスリリースサイト[NEWZINE Education] > プログラミング学習用ロボット「Kamibot」の国内販売を開始(ロジックススクエア)
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
スポンサード リンク
ロジックススクエア株式会社のプレスリリース

プログラミング学習用ロボット「Kamibot」の国内販売を開始(ロジックススクエア)



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://education.newzine.net/newsrelease/1107/



ロジックススクエア株式会社のプレスリリース

2017年05月11日 08:00
[カテゴリ] 新サービス発表 [業種] その他
[関連タグ] プログラミング教育 / ロボット / Scratch / 教材 / STEM教育
[関連URL] プログラミング学習用ロボット「Kamibot」の国内販売を開始(ロジックススクエア)



ロジックススクエア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役/莊司 雅通、以下ロジックススクエア)は、2017年5月15日に遊びながらプログラミングを学習できるペーパークラフトロボット「Kamibot(カミボット)」の日本国内販売を開始します。






■製品説明
@Kamibotとは?
Kamibotは、子どもでも安心して、遊びながらプログラミングが覚えられる教育ロボットです。
名前の由来は、「紙(カミ)」と「ロボット」で、子どもたちがペーパークラフトをロボットに付けて遊べるコンセプトで開発されています。
6〜12歳程度の子どもを対象とし、専用アプリによりロボットを操作できるだけではなく、ロボットの各種動作をプログラミングすることが可能です。
定価は、24,000円(税別)。

AKamibotの仕様
Kamibot本体は、駆動系の2つのDCモーターと上部を回転させるサーボモーターを備えています。また、黒いラインを認識するIR(赤外線)センサーを底部に備え、ライントレース走行に使用します。前面には超音波距離センサーがあり、障害物までの距離を測ることができます。このほか、色を表現するためのLEDを搭載しています。USBミニケーブル経由でバッテリーに充電でき、連続稼動時間は約120分程度です。

Bスマートフォン、タブレット(iOS/Android)で遠隔操作が可能
スマートフォンやタブレット(iOS/Android)を使ってBluetooth 4.0経由で操作ができ、方向転換やスピード制御はもちろん、バッテリー残量や周囲の障害物もスマートフォンの画面上で把握できます。

C専用アプリで子供の年齢・レベルに合わせたプログラミング学習が可能
Kamibotのプログラミング学習は難易度に応じて2段階で構成されています。
レベル1(推奨年齢:6歳〜小学校低学年)では、文字を読めない年齢の子どものために記号でデザインされたカードを使ってプログラミングできる「KamiCard(カミカード)アプリを使用します。
レベル2(推奨年齢:小学校中学年以上〜)では、ドラッグ&ドロップでプログラミングできるブロックの形のプログラミングアプリ「KamiBlock(カミブロック)アプリ」を使用します。
KamiBlockはパソコン用(Windows)ソフトもあります。
米国マサチューセッツ工科大学で開発された学習用プログラミング言語Scratchをベースにした専用アプリを使って、より本格的なプログラムをグラフィカルに学習できます。
各種専用アプリは無料でダウンロードできます。

Dデザイン、遊び方の可能性は無限大
公式ホームページから無料ダウンロードできる種類豊富なデザインのペーパークラフトをロボット本体に組み合わせることで、ゲームや遊び方にあわせて好きにデザインカスタマイズをして楽しむことができます。

■会社概要
ロジックススクエア株式会社について
サーバーサイド、Web、.NET、IoT、VR、UMLなど用いた試作開発を得意としている会社です。
ビジネスの課題や目標を的確に捉え、プロダクトやサービス開発を企画、提案からデザイン、開発など、ワンストップで実現しています。
Kamibotの日本総代理店として販売や教材の開発をします。
 
株式会社 3.14について
オープンソース技術を使用したロボット開発を得意としている韓国の企業です。
子供が遊びながら楽しくプログラミングスキルを身につけるためのロボット「Kamibot」を開発し、すでに韓国、アメリカ、イタリア、スペインで販売実績があります。

【購入先】
ロジックススクエア株式会社
購入サイト:http://www.logixsquare.com/product/kamibot/

【お問い合わせ先】
ロジックススクエア株式会社
担当:荘司、福島
E-Mail:contact@logixsquare.com
TEL: 03-5809-1792 FAX: 03-5809-1793

【お問合せ先】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-3-3
ロジックススクエア株式会社
担当:福島公明
Email:
TEL:03-5809-1792
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

ロジックススクエア株式会社のその他のプレスリリース
その他のプレスリリースはありません。



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
"