大学・教育機関の広報・マーケティングなら (株)ネクスト・アカデミー
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
NEWZINE Educationは大学・学校・教育関係向け無料PR・プレスリリース情報を掲載できる投稿型ニュースリリースサイトです。
教育系プレスリリースサイト[NEWZINE Education] > 「自由学園最高学部サッカー部(プレーヤー15人の部)が今シーズンのフェアプレー賞を受賞」東京都大学サッカー連盟加盟43大学で唯一
教育関連特化プレスリリースサイト「NEWZINE Education」
スポンサード リンク
学校法人自由学園のプレスリリース

「自由学園最高学部サッカー部(プレーヤー15人の部)が今シーズンのフェアプレー賞を受賞」東京都大学サッカー連盟加盟43大学で唯一



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://education.newzine.net/newsrelease/101/



学校法人自由学園のプレスリリース

2014年12月03日 17:00
[カテゴリ] レポート [業種] 大学・大学院
[関連タグ] サッカー / スポーツ / 教育 / 人間教育 / 受賞
[関連URL] 「自由学園最高学部サッカー部(プレーヤー15人の部)が今シーズンのフェアプレー賞を受賞」東京都大学サッカー連盟加盟43大学で唯一



東京都大学サッカー連盟の今シーズンのリーグにおいて、自由学園最高学部サッカー部のフェアプレー賞受賞が決まりました。授賞式は12月23日。試合中のイエローカード、レッドカードが少なかったこと、試合運営に求められる役割をきちんと果たしたことが評価されました。




学校法人自由学園|「自由学園最高学部サッカー部(プレーヤー15人の部)が今シーズンのフェアプレー賞を受賞」東京都大学サッカー連盟加盟43大学で唯一



■フェアプレー賞受賞決定 東京都大学サッカー連盟
 自由学園最高学部サッカー部(プレーヤー15名)
 東京都大学リーグ加盟43大学で唯一受賞
 スポーツマンシップが評価される

■受賞の経緯
2014年11月27日の東京都大学サッカー連盟理事会にて、今シーズンの東京都大学サッカーリーグ(参加43大学)において、自由学園最高学部(大学部)サッカー部が、「フェアプレー賞」を受賞することが発表されました。
授賞式は、2014年12月23日、国学院院友会館にて19時より行われます。

この賞は名前の通り、試合中の警告(イエローカード)、退場(レッドカード)が少なかったことは勿論ですが、
試合運営に求められる役割もきちんと果たしたことも評価対象となっています。

求められる役割というのは、具体的には、試合前に行われるミーティングに遅れない、メンバー用紙を時間までに提出する、審判員(副審、4審)に忘れ物や遅刻が無い等々、一見当たり前のことのようですが、これがなかなか守られていないのが現状です。

そうした中、自由学園最高学部の選手、マネージャーがクリーンな試合を行い、運営上必要な役割をきちんとこなしての今回の受賞です。
因みに、この賞は各部成績上位3位までのチームが選考の対象になっており、今年は1部〜4部までの内、「フェアプレー賞」を受賞したのは自由学園1校です。

■自由学園最高学部サッカー部について
自由学園最高学部サッカー部は、プレーヤーが現在15名という大変小規模なチームです。(マネージャー9名を加えて部員は24名)
今シーズンは東京都大学サッカーリーグの第4部7位でスタートしましたが、順位を上げ、来期は第3部への昇格が決まりました。
監督は、かつて同サッカー部員であった自由学園卒業生の山下芳正氏。
自由学園サッカー部部長:鈴木康平  副部長:酒本絵梨子 (両名とも自由学園教員)

■facebook
自由学園最高学部サッカー部の活動については、部員の学生が運営しているfacebookページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/jiyu.soccer2014 

■学校法人自由学園の沿革
http://www.jiyu.ac.jp   
東京都東久留米市学園町1−8−15

大正10年(1921年)に羽仁吉一、もと子夫妻が創立。羽仁もと子は、日本初の女性新聞記者。夫妻は雑誌『婦人
之友』の創始者。
自由学園は幼児から大学部まで1学年1クラスの少人数制一貫教育校。中等科・高等科のみ男女別学。中等科以上は寮があり、全国各地から入学している。
キリスト教精神に基づき、「生活即教育」をモットーとした学校。テスト合格を目的とした偏差値アップのための勉強ではなく、生きた知恵となる本質的な学習を目指し、自然豊かな10万uのキャンパスを活用して、生徒・学生が運営・責任を持つ自労自治による学びを重んじた人間教育をしている。
勉学の他に登山、農場や植林地での実習、昼食作り、美術、音楽、デンマーク体操などを全員が学び、五感を駆
使して行う多彩な活動を通じて、どの分野に進んでも役立つ人材が育つようにと考えている。

■自由学園最高学部(大学部)について
最高学部は学校教育法によらぬ独自の教育を施す大学部で、自由学園高等科を卒業した者のみが進学できる。
少人数であることを活かし、専門の知識に偏らぬ「自由学園型リベラルアーツ」を目指している。社会に出て様々な課題に遭遇した際に必要な「問題発見能力」と「問題解決能力」を、グループで学際的、総合的に考えながら身に着けていく。学生が海外の学会で論文を発表し賞賛された例もあり、就職でも4年制大学として広く受け入れられ、卒業生は様々な分野で活躍している。

 

【お問合せ先】
〒203-8521
東京都東久留米市学園町1-8-15
学校法人自由学園
担当:広報室 椚田結子
Email:
TEL:042-428-2122 / FAX:042-422-1070
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

学校法人自由学園のその他のプレスリリース
その他のプレスリリースはありません。



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
ランクインされている登録キーワードはありません。
"